MENU

中途採用 社員インタビュー

前職の経験を活かしながら、
多くの社員が活躍しています

中途で入社した社員の率直な声を集めました。
「なぜ弊社に入社を決めたのか」、「前職と比べての弊社の特徴」、
「モチベーションの保ち方」など、ぜひご参考にしてください。
弊社は、新たなステージで活躍したいと思う皆さまを、全力で応援しています。

    久郷 泰祐
    久郷 泰祐(前職:医薬品メーカー)
    ファーマライズホールディングス(株)
    本社 事業本部地域医療推進室 課長
    1998年入社

    弊社に入社する前は、ジェネリック医薬品メーカーで、開発や企画を担当していました。その担当業務の一つとして、トレンドを探り、課内で共有するために、複数の医療業界雑誌をチェックし、気になる内容をスクラップしていました。その雑誌の一つに、まだ旧社名の「東京物産」ではありましたが、弊社の記事が載っていたのが、弊社を知ったきっかけです。調剤薬局の運営を行っている会社では、当時としては珍しく学術連載を行っており、注目するようになりました。その後、前職の経験を活かしながらも、今度は薬を「提供する側」から「使用する側」の業務を行いたいと思い、転職を決意したのですが、その際、かねてから弊社に惹かれていましたので、ここで再出発しようと思い立ち、入社を決めました。

    同じ薬を扱う職業でも、前職とは業務内容がまったく異なっているため、入社後は一から調剤業務を覚えていきました。前職のおかげで汎用薬品名や分類などは周知していたことと、同年代の親切な先輩に出会えたことにより、習得に関しては苦労も少なく、スムーズに成長していくことができたと思います。また、入社してから今まで、色褪せることなく弊社の雰囲気はとても気に入っています。疑問点や問題点を突き詰め、より良い状態を貪欲に求め続ける、良い意味での「泥臭さ」と「自由さ」があり、チャンスに溢れた人間味のある会社であると今でも強く感じています。

    私の場合、とにかく仕事を楽しむことが、モチベーションを保つ秘訣です。もちろん業務を行う上で、苦境・難題・多忙などに飲み込まれそうになることもあります。ですが、どんな状況でも楽しむことで、最終的にプラス思考に自分自身を転じさせることができると思っています。ですので、自分が楽しく仕事をすることで、周りの方々にも良い影響を与えていくことができれば、と思っています。まずは自分が多くの方の活力の根源となり、楽しんで仕事を行う仲間を増やしていくことで、会社や店舗を好循環にしていきたいと思います。そして、笑顔が素敵な薬剤師が、明るく元気に業務を行っていることで、患者さまを元気づけることができる薬局づくりをしていきたいです。そうすることで、弊社の理念である「地域医療に貢献するかかりつけ薬局」の立場がより確立していくと考えています。

    野中 聡美
    野中 聡美(前職:医薬品卸業、調剤薬局、ドラッグストア)
    ファーマライズ(株)
    事業部 第一課 東北エリア長
    2003年入社

    私はこれまで、医薬品卸業、個人経営の薬局、ドラッグストアなどの経験を得て、現在、弊社に10年以上勤めています。

    ドラッグストアに勤務していた時、知人に弊社を紹介してもらい、当時はまだ取り組んでいる薬局も少なかった在宅医療を行っていて、患者さまや地域との繋がりを大切にしていることを知り、そこに魅力を感じました。そして、実際に店舗を見学した際に、「座りカウンター」で薬剤師が患者さまに丁寧に接している姿を見て、「患者さまへの真心を大切にするこの会社で働いてみたい」と強く思い、入社を決めました。

    個人経営の薬局に一人薬剤師として勤務していた時は、分からないことを気軽に相談できる相手もなく、常に不安を感じていました。しかし現在は、事務的な業務は本社が管理し、調剤報酬改定や法改正などの際も細かく指示を受けることができるので、安心して薬剤師としての調剤業務に集中することができます。また、研修や店長会議、社内学会などを通して横の繋がりを築くこともできたので、困った時に相談することができ、心強さを感じています。そういった意味で、精神的な負担も減ったため、今では前向きに業務に取り組むことができています。例えば私の場合、毎年何らかの「新しいこと」にチャレンジするように心がけています。「スポーツファーマシスト」、「放射線ファーマシスト」、「認知症サポーター」、「アロマテラピーアドバイザー」などの資格取得のほか、学生の実務実習の受け入れ、薬剤師会の活動にも積極的に参加しています。そこで知識を身につけるだけではなく、知り合った方々から刺激を受けることで、自分の仕事に対するモチベーションも保つことができているのだと思います。

    これからの薬局は、処方せんを受け付けるだけでなく、セルフメディケーションに貢献し、地域の健康ステーションとして気軽に立ち寄って相談することのできる場所になっていくことが求められています。私自身も常に向上心を持って様々な知識を身につけ、地域の中で必要とされる薬剤師になりたいと思っています。

    弊社は、患者さまとのコミュニケーションや地域との連携を大切にしている会社です。また、充実した福利厚生制度で、ワークバランスの実現にも力を入れています。弊社でなら、薬剤師としてのスキルを磨き、やりがいや充実感を感じながら働くことができると思いますので、イキイキと共に働く仲間の入社をお待ちしています。

    中川 将仁
    中川 将仁(前職:医薬品メーカー)
    ファーマライズプラス(株) 西友ひたち野うしく店
    店長・管理薬剤師
    2013年入社

    こちらの薬局で働く以前は、メーカーや別の調剤薬局などに勤務していました。メーカーに勤務していた頃は、医薬品の開発に携わっていたのですが、いくら開発に専念しても、「候補物質1万個に1個程度の確率でしか製品化されない」、「スクリーニングをかけて開発のステージへあがってきた物質でも、10個に1個程度の確率である」という努力の見えにくさに困惑したことを覚えています。10年間開発業務に注力し、その中で4~5個の開発に携わりましたが、なかなか日の目を見ることもできず、モチベーションの保ち方に苦労しました。

    メーカーから調剤薬局への転職は、自分の人生を変える、大きな決断でありました。転職したての頃は、前職とはまったく別の業務内容であるため、知らないことも多く、戸惑いを感じることもありました。自分には専門的な知識はあっても、多岐に渡る薬品の知識は少なかったため、自分自身で本やインターネットを介して勉強したり、先輩薬剤師に相談したりして、スキルと自信を培っていきました。また、転職して初めて、調剤薬局の薬剤師が高度なコミュニケーション能力を求められる職業であるということを知りました。薬のことを分かっているドクターに話すのと、薬の知識が少ない患者さまに伝えるのとでは、まったく要領が変わってきます。分かりやすい言葉で、患者さま個々のニーズを探りながら服薬指導をすることは簡単なことではありませんが、しかし、こちらがしっかりと丁寧にお伝えすれば、必ず「ありがとう」という言葉が返ってきます。初めて患者さまに感謝の言葉をいただいた時、血の通った「人との触れ合い」や「自分の服薬指導の成果」を明確に感じることができ、それが非常に新鮮、かつ嬉しくあったのを今でも覚えています。そして、業務の向き不向きは人それぞれではありますが、長期的なスパンで機械的にデータを取り扱う業務より、「生の声」を聞き、実感を得ながら仕事をしていくことが自分に合っていると、そこで初めて知ることができました。今では調剤薬局こそが、自分の「天職」であると思えるまでに、充実した毎日を送ることができています。

    自分に合った職業を見つけることは、なかなか難しいことです。一度目で見つかる人もいれば、私のように転職した際に、自分の性格を改めて知る場合もあります。前向きに輝きながら仕事に取り組めるよう、新しいステージに飛び込むことに恐れを感じず、勇気を持って物事に取り組んでください。

    宍戸 美紀子
    宍戸 美紀子(前職:ドラッグストア)
    ファーマライズ(株)
    事業本部 店舗運営部 第一課
    関東エリア長
    2004年入社

    私の場合、先に薬剤師として弊社に勤務していた姉に勧められ入社を決意するまでは、ドラッグストアに勤務していました。ドラッグストアに勤めていた時は、どちらかというと「病気の予防」の意味合いが強く、あまり患者さまのお役に立っているという実感がありませんでした。しかし現職では、具合の悪い方々が薬局に訪れ、その方々が薬剤師の服薬指導に真剣に耳を傾け、そして「ありがとう」という言葉を言ってくださいます。そのことで、患者さまのお役に立てているという実感を得ることができています。

    私は医療事務であり、直接患者さまに服薬指導などはできませんが、受付で患者さまと最初に顔を合わせ、笑顔で丁寧にご対応するのが仕事です。その中で、だんだんと信頼を築いていき、病状のこと以外にも、たわいのない世間話などをして笑顔を向けて下さる患者さまも多くいらっしゃいます。ドラッグストアでは感じることのできなかった「人との触れ合い」や「あたたかみ」を感じることができ、それがこの仕事の面白さであると思っています。

    私は、医療事務から始まり、店舗の店長となり、そして現在は、エリア長として複数の店舗を管理する立場になるまで成長することができました。今でこそ「医療事務が店長」という店舗も増えてきましたが、以前はそのような店舗は少ない状態でした。私は自分が管理職として働き、前例を作っていくことで、他の医療事務の方々がもっといろいろな仕事に携われるよう、仕事の選択肢の幅を増やしていきたいと思っています。また、今後さらに在宅医療や施設調剤の需要が高まると思いますので、そちらの業務に、医療事務の立場からどのように携わっていけるかを考えていきたいと思っています。

    薬剤師のみならず、薬局全体で地域の健康をサポートしていくためには、医療事務の力も必要となるはずです。弊社の場合、薬剤師と医療事務が対等の立場で接することができます。どちらが欠けても、店舗は成り立ちません。医療事務であっても、いろいろな可能性を追求し、希望すればさまざまな働き方ができるのが、弊社の最大の魅力です。医療事務として専門性を極めるのも良いですし、私のようにいろいろな仕事に携わるのも面白いと思います。可能性は無限大です。一緒にチャレンジしていきましょう。

    大島 絵里
    大島 絵里(前職:キーパンチャー)
    ファーマライズプラス(株) 西友ひたち野うしく店
    医療事務
    2007年入社

    前職はキーパンチャーという技術職であったため、まったく業務の違う医療事務に転職することは、自分の中でも大きな決断が必要でした。しかし、私を面接してくださった方が、当時30歳で管理職をされていることを知り、「若い年代の方でも活躍できる可能性のある会社なのだ」という印象を受け、私もこの会社で働きたいと思い、祈るような気持ちで面接の結果を待っていたのを、今でも覚えています。前職で培った集中力を生かし、人と接する仕事に携わりたかったので、この会社に入社できたことは、私にとって大きな転機となりました。

    転職したての頃は、事務の知識や実務はもちろんのこと、事務機器の取り扱い方も知らなかったので、不安を感じることも多くありました。しかし、薬剤師や事務など関係なく、指導・教育してくださる先輩社員がいたこともあり、幅広い知識と経験を積むことができ、今では他の店舗に応援に行った際も、困らずに仕事ができるまでに成長しました。

    最近では医療事務の仕事をこなすこと以外にも、店舗の細かなところにまで気を留めるように注意し、売り場の装飾などにも自分なりに工夫を凝らすようにしています。そういった装飾により、患者さまが商品に目を留とめ、商品を購入して下さったりするのを見るとやはり嬉しく思いますし、「大島さんに会えるのを楽しみにここに来るんだよ」と言ってくださることを、なにより喜ばしく思っています。患者さまの喜ぶ姿を見ると、自然と自分のモチベーションが上がっていきます。そして前向きに、「今、自分に何ができるか」ということを常に考える姿勢を保てるようになりました。

    現在、「登録販売者」や「調剤報酬請求事務専門士」などの資格を取得し、仕事に役立たせていますので、今後はもっと様々な資格の取得に挑戦することで、スキルアップを図っていきたいと思っています。また、日々変化する現場に対応できる医療事務としての知識や経験・適応能力を身につけ、患者さまだけでなく、同じ店舗のスタッフなど多くの方に必要とされる人材になりたいです。時には先頭をきり、自分の経験などを紹介し、一人でも多くの方に医療事務の魅力を感じてもらえる存在になりたいと思っています。

    やはり改めて思うことは、この会社であるからこそ、いろいろなことにチャレンジしていける意力が湧いてくるということです。異業種から中途入社で医療事務をしている方がたくさん活躍しているという事実が、やる気に繋がっているのだと思います。サポートしてくださる先輩方もたくさんいますので、医療事務が初めての方でも安心して働くことができますので、一緒に新しい薬局を作ってくださる意力のある方の入社を、お待ちしています。

    糸久 友美
    糸久 友美(前職:家電量販店の販売員)
    ファーマライズホールディングス(株)
    関係会社統括部 店舗運営管理課
    1998年入社

    前職では、家電量販店の販売員として働いていましたが、もっと多くの方に貢献できる仕事がしたいと思い、病院の医療事務で求人を探していました。その時、弊社が自宅から通勤しやすい店舗で事務を募集しており、見学をさせてもらった際に事務の方が待合室で患者さまに丁寧に対応している姿を見て、「病院の医療事務より、患者さまとの距離が近く、こんな風に患者さまにあたたかく接したい」と思い、入社を決めました。

    前職は販売員として、設定された売上目標金額を目指しながら、商品の提案・販売業務を行っていたので、「対話の中で求められているニーズを感じとりながら業務を行っていく」という点は共通していましたが、調剤薬局の事務は、「患者さまの病気を治す手助けができ、元気になっていかれる姿を見守ることができる」という点で喜びがあります。

    また、私の場合、転職後に結婚・出産をしたのですが、産休・育休をいただき、復職して勤務を続けることができています。前職と異なり、弊社には私の他にも多くの方が子育てをしながら勤務をしているという実績があるので、安心して長く働くことができるのも魅力です。家族、特に子どもの存在が、私の仕事に対するエネルギー源でもあるので、うまく会社の制度を利用しながら、子どもの笑顔のために、これからも仕事に前向きに取り組んでいきたいと思います。

    仕事上での目標は、「在宅医療」の推進を積極的に行うことです。店舗の医療事務として入社しましたが、今は本社へ異動し、店舗の運営管理業務を行っています。調剤報酬売上の点検や店舗への情報発信やフォロー業務が主な業務内容です。その中で、店舗とやり取りすることも多く、薬局の在宅医療の必要性を強く感じています。本社にいるからこそ、現場の要望をくみ取りながら、積極的に在宅医療を推進していきたいと思っています。

    業務は常に変化していくので、何年勤務しても、「自分から積極的に新しいことを学び、そしてそれを実行し続けていく姿勢」が常に求められます。患者さま、先輩社員、上司からはもちろんのこと、後輩の方々からも良いところを学んでいきながら、広い視野を持って業務に取り組むことが大切です。皆さまが今まで経験されたことは、異業種であっても、今後に活きない経験はないと思います。自分の経験に自信を持ち、変化に積極的にチャレンジしていきたいという方と、ぜひ一緒に働くことができたらと思っています。

面接希望はこちらから 調剤未経験、実務ブランクのある方も
お気軽にエントリーフォームよりご相談ください。
追って採用担当者よりご連絡いたします。

エントリーする